年次目標

2018〜2019年度名古屋中ロータリークラブ年次計画及び目標


受け継ぎ未来へ、ロータリーの友情と奉仕の心
   私たち名古屋中ロータリークラブは創立49年目を迎え、50周年の節目を目前に控えております。50周年からの一層の発展を期するため、本年度は当クラブの歴史を知り、ロータリーとは何かを学び、将来を考える重要な年であります。

1.RIテーマ
   RIバリー・ラシン会長(バハマEast Nassauロータリークラブ)のテーマは「インスピレーションになろう(BE THE INSPIRATION)」です。この意味するところは以下のとおりです:「前向きな変化をもたらす刺激やきっかけ(をもたらす人)になろう。」
2.地区方針
   2760地区村井總一郎ガバナー(豊橋ロータリークラブ)活動方針は、「あなたの街でロータリーを!あなたの街からロータリーを!−ロータリーの奉仕の理念を学び、奉仕の実践をしよう−」です。
3.名古屋中ロータリークラブのテーマ
   RIのテーマは、前向きな変化への刺激になろう、地区方針は、奉仕の理念を学び実践しよう、と、一見方向性が異なるようにみえますが、当クラブにとっては共に大切なことであると思います。まず、50周年の節目を目前にして、私たちは当クラブ創設以来の活動の歴史を学び、将来の一層の発展のための道筋を考えていく必要があるからです。同時に、そのためにロータリーの奉仕について学んでこそそのロータリー活動の本質が理解できるからです。

会長写真
山田    順

4.名古屋中ロータリークラブの本年度具体的活動
(1) 前向きな変化のきっかけとなる中長期ビジョンを策定・答申する(RIテーマ)
   現在中長期ビジョン策定会議において、精力的に答申を策定中です。将来の当クラブのあるべき方向性を本年度に答申予定です。
(2) ロータリーの奉仕について学ぶ(地区方針)
   ロータリーの奉仕について学ぶことは当クラブを永続的に発展させるために不可欠です。本年度は奉仕について学ぶ卓話を実施し、また世代間交流例会も行います。
(3) ロータリーの友情と奉仕を実践する(地区方針)
   以下の活動を行います
   @分区内交流を行う
      1.他クラブの例会に参加する
      2.他クラブと卓話者を交換する
   AWFFで例会を開催し地域の人々と触れ合う(ロータリーデイの実践)
   Bポリオ撲滅に協力する
   C会員増強を行う
   D桜の回廊プロジェクトを成功させる
      1.名古屋市内RC共同事業
      2.地区補助金及び会員の寄付で東山植物園に桜100本を植樹する(前年度及び当年度合計)
   EMY ROTARY登録を奨励する
(4) ガバナー補佐活動を支援しIMを成功に導く
   渡邉一平ガバナー補佐の活動を全面的に支援し、IMを成功に導きます。
(5) 名古屋中ロータリークラブ50周年記念事業準備を支援する
   創立50年という今まで最も大きい節目を迎えるに際し、記念式典、記念事業、記念誌発行等をクラブを挙げて支援し、成功に導きます。